人工義歯

歯列矯正、また欠損してしまった歯の代替治療として、インプラント治療が注目されています。

インプラント治療は、まだ比較的新しい治療法で、歯科の中でもごく一部でしか行われていません。
しかし、従来の方法よりも非常に高い効果が見込めることから、治療を希望する人が増えてきています。

インプラント治療とは、人工的に作った義歯を埋め込むことによって、歯列矯正や欠損歯の代替にするという治療法です。
通常の歯科ではなく、矯正歯科で受けることができます。
同じく人工的に作った歯で、天然歯の代替を担うというものには、入れ歯や差し歯があります。
インプラントがそれらの治療法と異なるのは、「物を噛む」という感触まで再現することができる、という点です。

入れ歯や差し歯では、天然歯の代わりとなるものを用意することはできても、本来の歯では感じることができる「物を噛む」という感触まで伝えることはできません。
それは、入れ歯も差し歯も、基本的に被せるだけのものであり、神経と接続されていないためです。
そのため入れ歯や差し歯の装着では、物を噛む感触、食事の楽しみまで得ることはできませんでした。

インプラントでは、人工義歯を直接埋め込みます。埋め込むことによって、「物を噛む」感触を人工義歯を通して神経に伝達し、食事の楽しみを取り戻すことができるのです。

歯列矯正、永久歯の欠損など、歯に関する悩みを抱えている方は、矯正歯科でインプラント治療を受ければ、その悩みが解消されるかも知れません。

おすすめサイト

アーカイブ
カテゴリ
  • カテゴリーなし